TEL 0172-87-1118
お問合せ
現在表示できません

額装入りイラスト A-45 (令和2年)旧弘前偕行社

3,300

  • 額装入りイラスト A-45 (令和2年)旧弘前偕行社

「弘前偕行社」は、明治29年から弘前市南郊の富田にあった陸軍第八師団の親睦・厚生組織で、明治37年にこの別邸跡地へ新築移転する計画が持ち上がりました。
ルネサンス風デザインを基調としたこの建物の設計は、第八師団経理部の櫛部宇一が担当し、当時陸軍関係施設を数多く手がけるなどした、弘前を代表する棟梁堀江佐吉やその子ども、弟子達によって明治40年に建設されました。
簡素な玄関ポーチに翼棟を広げたデザインは、当時の軍関係施設には無い華やかさを持ち、弘前偕行社の本館として、将校らの社交場や集会所、物販・学術研究施設として使用されていました。明治41年に皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)がこの建物に宿泊、記念に「松」の木を御手植えし、建物と共につくられた庭園を「遑止園」と命名されました。
敷地・庭園と建物が当時のまま残っている旧偕行社は全国的にも少ないことから、とても貴重で価値が高いものです。

数量

Recently viewed items