TEL 0172-87-1118
お問合せ
現在表示できません

額装入りイラスト A-25 弘前公園から岩木山を眺める

3,300

  • 額装入りイラスト A-25 弘前公園から岩木山を眺める

弘前城は、現在の弘前市における弘前公園がそれにあたり、津軽統一を成し遂げた津軽為信(ためのぶ)によって慶長8年(1603年)に計画され、二代信枚(のぶひら)が慶長15年(1610年)、築城に着手し、翌16年に完成しました。

幅10~20メートルの深い堀を持ち現在も内堀、外堀は比較的良く旧状を残しています。外堀周辺は散歩やランニング、釣りなどを楽しむ人々も多く市民の憩いの場となり、とくに北側は春になると桜と岩木山が堀に映りこみ大変美しい光景となります。

数量

Recently viewed items