TEL 0172-87-1118
お問合せ
現在表示できません

額装入りイラスト A-15 富田の清水(しつこ)

3,300

  • 額装入りイラスト A-15 富田の清水(しつこ)

1686年、津軽四代藩主信政公が越前の熊谷吉兵衛を招き紙漉法を導入した際に、この豊かな清水が使用され、昭和の初めの頃まで紙漉に利用されていました。その後は市民の生活用水として使われています。

この地の旧村名が富田村であったため、 「とみたのしつこ」と呼ばれています。また、昭和60年に国指定の名水百選に選ばれています。

数量

Recently viewed items